診療科・部門のご案内

循環器内科

循環器内科について

 循環器内科では心臓や血管に関する病気を主に診療を行っており、主な対象疾患には虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)、心不全、心臓弁膜症、不整脈、高血圧症、大動脈・末梢動脈疾患などあげられます。これらの病気の併存症として、また動脈硬化症の原因であり生活習慣病でもあります糖尿病、脂質異常症や喫煙習慣(禁煙外来)等についても診療を行っております。循環器疾患は安定している時期においても専門医によるこまかい診察、生活指導、定期検査により再増悪を防ぐことが大切であり、遠方の病院におかかりの患者様の慢性期管理も積極的にお受けしております。
 現在当院では近畿大学医学部付属病院循環器内科、心臓血管外科から派遣の3名、および常勤医により診療を行っており、当院で可能な検査、治療はもとより近畿大学病院と連携しながら高度で迅速な診療が可能となっております。

 循環器疾患の主な症状には以下のようなものがあります。

✓ 動悸、脈の乱れ、脈の欠滞(脈が飛ぶ)
✓ 血圧が高い
✓ 息切れ、息苦しい、夜間の咳
✓ 胸痛、胸部圧迫感
✓ 失神、急に目の前が暗くなる、ふらふらする
✓ 体がだるい
✓ 顔や足のむくみ
✓ 歩くと足が痛くなり、立ち止まると改善する

 日常生活において上記のような症状や健診等で心雑音、心電図異常、高血圧等の異常を指摘されたなどがございましたらお気軽にご相談ください。

常勤医師 専門領域 学会専門医・認定医
尾崎 健 内科・循環器科 日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本医師会 認定産業医

PAGE TOP