診療科・部門のご案内

脳神経外科

脳神経外科について

脳卒中は日本人の主要死因の一つであり、また後遺症のために要介護状態になってしまう原因疾患の第一位でもあります。また、交通事故などにより重症頭部外傷を受傷されてしまう患者さんも多数おられます。

診療内容

当院の脳神経外科では、このような脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血などの脳卒中や頭部外傷をはじめ脳腫瘍やてんかんなどといった脳神経外科疾患全般の一般診療を積極的に行っています。CTやMRIなど当院で撮影可能な検査は随時施行できるようにしています。
そして特に急性期症例や重症例に対しては、近畿大学医学部付属病院および脳卒中センターなどと密接な連携を取ることにより、より高度で最善の治療を行えるように対応しています。
急性期治療後は、一般病棟や回復期リハビリテーション病棟において理学療法、作業療法、言語療法、嚥下訓練などのリハビリテーションを行える環境を整えています。これらのリハビリテーションを積極的かつ集中的に行うことにより、特に患者さんの在宅復帰を大きな目標としています。
悪性脳腫瘍などでは、緩和ケア病棟などでの受け入れなども積極的に行っており、より良い療養生活を送れるようにしています。
また在宅復帰後は、地域の開業医との連携を密にとりながらのフォローを行っており、患者さんが安心して在宅生活を送れるようにしています。

担当医師紹介

常勤医師
水谷 朋彦
担当 脳神経外科
非常勤医師
布川 知史
担当 脳神経外科
非常勤医師
奥田 武司
担当 脳神経外科
非常勤医師
城間 淳
担当 脳神経外科

PAGE TOP