診療科・部門のご案内

栄養管理室

栄養管理室について

当院の栄養管理室は、病院、委託先共の管理栄養士、栄養士、調理師らが一丸となり、入院されている患者様へ以下のサービスを提供させていただいています。

主な内容

入院栄養管理

医師の指示にて患者様に合わせた治療食(肝臓食、減塩食、糖尿食、腎臓食、透析食、膵臓食、潰瘍食)を適正な衛生管理のもと、お出ししています。また、アレルギーなどの対応もしています。 常食をお召し上がりの方は、毎日昼、夕とも選択メニューを取り入れています。
給食委員会で提案された季節感のあるメニューも、この中に取り入れ、患者様からも喜ばれています。

ある日の常食メニュー(昼食)
  • 常食A

    常食A

  • 常食B

    常食B

  • 春/筍御飯、木の芽あえ、木の芽田楽、わけぎのぬた、苺プリン、春野菜天ぷらなど
  • 夏/アイスクリーム、冷麺、ぶっかけ素麺、冷やしかき揚げうどん、夏野菜カレーなど
  • 秋/栗おこわ、松茸御飯、お月見田楽、きのこのクリームシチュー、秋野菜天ぷらなど
  • 冬/かぶの煮付け、鮭チャンチャン焼、おでん、ゆず皮あえ、豚汁など
行事食
  • 子供の日・・柏葉付き葛饅頭
  • 七夕・・七夕そうめん
  • 土用の丑・・穴子の蒲焼き丼
  • 敬老の日・・赤飯、上用まんじゅう
  • ハロウィン・・カボチャシチュー
  • 冬至・・南瓜煮付け、柚香あえ
  • クリスマス・・鶏の照り焼き、ポタージュスープ、
    ミニカップケーキ
  • 大晦日・・年こしそば
  • お正月・・お節料理
  • 1月7日・・七草粥
  • 節分・・鰯料理と節分豆
  • バレンタインデー・・ミニチョコレート
  • ひな祭り・・散らし寿司とひなあられ
  • ホワイトデー・・苺ババロア

保温、保冷配膳車を使用し、温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく・・と、美味しく召し上がっていただけるよう、配慮しています。

緩和対象(なごみ食)

少しでも食べる楽しみを感じていただけるよう、病棟や患者様にお話を伺ったり、栄養管理室内にて何度も試作を行ったりして、緩和食(なごみ食)をお出ししています。
口当たりが良く、食欲がそそりそうな物を通常の半量でお出ししており、毎日昼、夕食の2食は、選択制としました。
『おいしかった』とお返事をいただき、『その一口から・・を大切にしなければ』と考えています。

  • クリックするとPDFを開きます。なごみ食 月曜昼
  • クリックするとPDFを開きます。なごみ食 月曜夜

栄養管理(ベッドサイド訪問)

入院時、栄養管理の必要な方には、管理栄養士がベッドサイドまで訪問し栄養状態を観察、評価します。

治療食の方に対してはお食事についての説明をしています。また、食欲のない方には、どのような物なら食べられそうかご希望を伺い、対応できるよう努めています。

個別栄養相談(1階栄養相談室)

外来、入院患者様に対して、予約制にて実施しています。
糖尿病、減塩食、腎臓食、透析食、肝臓疾患の食事など慢性疾患の方の病態に合わせた食事の相談を医師の指示にて行います。

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
外来 9:30~
10:30~
11:30~
入院 14:30~ -
15:30~ -

出来るところから1つづつ・・・を目標に、ご相談に応じています。

多職種連携

毎朝の病棟での申し送りや栄養委員会はじめ、褥瘡対策委員会、感染対策小委員会、リスクマネージメント部会などの参加により各セクションの連携を図り、患者様の情報も共有しています。

PAGE TOP