診療科・部門のご案内

外科

外科について

当科では地域に根付いた医療機関の役割を果たすべく、幅広い外科疾患を取り扱い患者様の治療に携わっています。日本外科学会外科専門医制度関連施設でもあり、また近畿大学医学部外科関連施設でもあります。そして当科で対応できない診断や治療につきましては、患者様の希望、相談の上最適な医療機関への紹介を行っています。

対象疾患及び手術

  1. 一次及び二次救急病院として、外傷や熱傷など
  2. 乳腺疾患―大阪狭山市乳癌検診協力病院でもあり、マンモグラフィー検査や乳腺超音波検査を行っています。
  3. 気胸、肺のう胞疾患に対する胸腔鏡下肺部分切除術
  4. 消化器疾患―穿孔性胃十二指腸潰瘍、腸閉塞症、胃癌、大腸・直腸癌に対する手術 胆石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術、急性虫垂炎など
  5. 内視鏡手術―上部内視鏡検査および下部内視鏡検査、ポリペクトミー(内視鏡的ポリープ切除術)やEMR(早期大腸癌に対する粘膜切除術)
  6. 肛門疾患―痔核、痔ろう、裂肛に対する手術ジオン注射による内痔核硬化療法(ALTA療法)
  7. ヘルニア(脱腸)-鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニアに対する手術(主に再発の少ないメッシュを使用した修復手術)
  8. 下肢静脈瘤に対する治療及び手術―医療用弾性ストッキングの処方、静脈瘤硬化療法やストリッピング手術
  9. 中心静脈ポート設置―抗癌剤治療や栄養治療目的 など

受診された患者様には、検査から診断を迅速に行い、その結果をわかりやすく説明させていただき、そして治療につきましては、エビデンスに基づいた安全で良質、向上ある医療をご提供することに努力しています。また入院中だけでなく退院後も術後経過を追わせて頂き、患者様に不安のないよう心がけています。

手術実績

主な手術症例 2012年度 2013年度 2014年度 合計
胸腔鏡下肺部分切除術 8 6 1 15
胃癌胃切除術 1 0 0 1
開腹胆嚢摘出術 1 2 1 4
腹腔鏡下胆嚢摘出術 0 1 3 4
大腸癌(結腸・直腸)手術 11 9 13 33
腸閉塞手術 2 3 3 8
虫垂炎・腹膜炎手術 8 19 20 47
痔(痔核・痔ろう・裂肛)手術 13 16 15 44
痔核硬化療法(ALTA) 4 4 6 14
人工肛門手術 4 9 6 19
ヘルニア手術 57 54 56 167
下肢静脈瘤手術 58 60 67 185
中心静脈ポート設置術 32 20 29 81
合計 199 203 220 622
2012年度 2013年度 2014年度 合計
大腸内視鏡的ポリープ切除術
(ポリペクトミー)HOPE集計より
92 106 136 334

(14年度は27年2月まで)
(下肢静脈瘤手術・ヘルニア手術は両側の場合2件で集計)

PAGE TOP