診療科・部門のご案内

泌尿器科

泌尿器科について

泌尿器科は腎実質と腎盂・尿管・膀胱・尿道から成る尿路、および前立腺、精嚢、陰茎、精巣などの生殖器、そして副腎や後腹膜における発生母地や病理組織像も多岐にわたる腫瘍を担当します。
腎がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣がんなどが代表的な対象疾患です。
悪性腫瘍以外には、尿路結石、尿失禁、前立腺肥大症の他、膀胱炎、腎盂腎炎などの尿路感染症、性行為感染症、勃起不全など老若男女を問わず様々な疾患を治療します。

診療内容

  • 腎・膀胱・前立腺等の泌尿器科一般の診断、治療。
  • 労働災害(主に脊髄損傷)等に起因する排尿障害の管理。
  • 癌(前立腺がん、膀胱がん、腎がんなど)の早期発見、治療。前立腺癌の生検検査も行なっております。
  • 尿路結石(腎結石、尿管結石)
  • 婦人泌尿器科疾患(尿失禁、骨盤底臓器脱など)
  • 排尿障害(尿失禁、前立腺肥大症など)
  • 尿路性器感染症(膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎、尿道炎など)の診断、治療。近年クラミジア感染症など性行為感染症は、増加傾向にあります。

人口の高齢化とともに泌尿器科の病気にかかる人は多くなりました。特に前立腺癌の患者様の増加は著しく、近い将来前立腺癌は男性の癌の首位を占めるものと考えられます。 前立腺癌は、現在我が国で最も増加率の高い悪性腫瘍です。今後もしばらくは、このペースで増えていくことが予想されています。この前立腺癌は血液検査や簡単な診察で大まかな診断ができ、その後の前立腺生検による精査も当院で行っております。

また、その他の癌の検診も行っていますが、癌以外でも「尿が漏れる」「尿が出にくい」「尿の切れが悪い」「トイレに行く回数が増えた」などの症状を持つ人が増えてきています。 食文化の西欧化(前立腺癌が増加している一つの原因と言われています)・高齢化社会に伴い,泌尿器科医の果たすべき役割はますます大きくなっています。 今後は前立腺肥大症、尿失禁、排尿、尿路結石の治療などにも精力的に取り組んでいこうと考えています。一人で悩んで苦しむよりは、一度泌尿器科を受診してみてください。

PAGE TOP