診療科・部門のご案内

血管外科

血管外科について

 血管外科では下肢静脈瘤深部静脈血栓症閉塞性動脈硬化症などの診療をおこなっています。近年の生活様式の変化に起因する疾病構造の変化に伴い、高血圧や糖尿病などの生活習慣病が増加しているのと同時に静脈疾患、特に静脈血栓症は増加しています。
 当院の血管外科では静脈疾患に対する診療と併せて、リンパ浮腫に対する治療や下肢静脈瘤全般の治療も行っています。
 静脈血栓症は、旅行や災害の時にみられるエコノミークラス症候群がよく知られていますが、手術時や外傷、がんの治療等でも見られることがあります。
 当科では、肺血栓塞栓症のように命に係わるものから、下肢に見られる深部静脈血栓症の診断・治療も行っています。下肢静脈瘤は表在静脈の弁不全で発症しますが、深部静脈の機能評価と治療の必要性を充分に検討し治療方針を決め、手術治療を行っています。
 特に下腿に潰瘍(皮膚に傷ができる)を伴う静脈瘤の場合は内視鏡を用いた手術加療(内視鏡下筋膜下不全穿通枝切離術:SEPS)を行っています。

SEPS
(図1)内視鏡下筋膜下不全穿通枝切離術:SEPS

 静脈うっ滞を伴う下肢静脈瘤、深部静脈血栓症およびリンパ浮腫などの浮腫性疾患は最初に圧迫療法を治療として導入することが大切です。当院ではリンパ浮腫ケア外来を立ち上げ、弾性ストッキングの履き方の指導と圧迫療法、セルフケア生活指導を行っています。また、必要な時は短期入院加療も行っています。

 検査では、静脈血栓症や下肢静脈瘤などでは静脈造影やCT造影検査が行われていましたが、近年では主に超音波検査が用いられています。超音波検査はレントゲン撮影のような被ばくがなく無侵襲ですが、その反面検査時間がかかってしまう難点もあります。
 その他、動脈硬化検査として脈波伝搬速度(PWV)、頸動脈エコー、下肢動脈エコー、腎動脈エコー、四肢MRAなどを実施しています。
 下肢静脈瘤など症状が出ない場合でも放置しておくと血栓を作ったり、皮膚炎を生じることがあり、潰瘍などのように傷ができる強い症状の場合もあります。気になる方は一度当院までご相談ください。

医師
保田 知生 
経歴 昭和63年 近畿大学医学部卒
専門分野 日本外科学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本脈管学会専門医

閉塞性動脈硬化症(ASO)Arteriosclerosis obliterans

 閉塞性動脈硬化症とは、主に下肢の血管が狭く(狭窄)なったり、慢性に血管が詰まる(閉塞)ことによって、血液の流れが悪くなり、足先へ栄養や酸素を十分に送り届けなくなる疾患です。症状として軽い場合は冷感やしびれ感、間歇性跛行や安静時疼痛、重症の場合には、下肢の壊死にまで至るといったさまざまな障害が現れます。
 診断にはABI検査や、下肢動脈エコー検査、下肢MRA検査、造影CT検査、動脈造影検査などを行います。危険因子として、中年以降の男性に多く、喫煙や高脂血症、高血圧、糖尿病、肥満などがあり、生活習慣病の一つとして考えられています。

aso
aso1
aso2

aso1
閉塞性動脈硬化症の症例画像
主血管の閉塞により、
側副血行路が発達しています

正常例
閉塞性動脈硬化症例
aso5 aso5
 
aso6 aso7
 
aso8 aso9
 
正常例
閉塞性動脈硬化症例
aso5 aso5
 
aso6 aso7
 
aso8 aso9
 

PAGE TOP