患者さま・ご利用者さま

特定健康診査

特定健診・特定保健指導とは

近年、中高年の男性を中心に肥満者の割合が増加傾向にあります。その肥満者の多くは、高血圧・高血糖・脂質異 常等のリスクを複数あわせ持ち動脈硬化を引き起こす危険性が高いといわれています。
そこで、『メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)』に着目し、生活習慣病の発症や、発症後の重症化を予防することに重点をおいた特定健診が行われることになりました。

生活習慣病は、自覚症状がないまま進行するため、健診は生活習慣を振り返る絶好の機会です。
特定健診受診後は、健診結果や問診票の回答などからひとりひとりにあった生活習慣改善のための指導(特定保健指導)が行われます。
※すでに治療中の方などは保健指導の対象から除外されます。

運営についての重要事項に関する規定の概要

ひとつひとつの症状が軽くても「肥満」「脂質異常」「高血糖」「高血圧」のリスクファクター(危険因子)を3つ以上合併した場合、まったく持たない人に比べて心臓病の発症リスクは35.8倍と急激に高くなります。
「ちょっとお腹がでてきた」「ちょっと中性脂肪値が高いだけ」とそのちょっとをそのままにしていませんか?

特定健診・特定保健指導の内容

特定健診

健診を受ける。

健診を受ける。

判定

健診結果を基に判定が行われる。

判定
全員の方に情報提供

検査結果に応じ、生活習慣やその改善に関する基本的な情報を提供します。

特定保健指導

生活習慣改善の必要性が高い方は情報提供に加え以下の支援が行われます。

生活習慣病の発症リスクが出現し始めた方に

動機付け支援動機付け支援
生活習慣病の改善に対する個別の目標を設定し、自分で生活習慣を改善できるような指導が行われます。

生活習慣病の発症リスクが重なり出した方に

積極的支援積極的支援
生活習慣の改善に対する個別の目標を設定し、3ヶ月から6ヶ月程度の期間、生活習慣を改善できるよう継続的な指導が行われます。

メタボリックシンドロームチェック

腹囲に加え、「高血圧」「高血糖」「脂質異常」に関する健診数値が2つ以上該当するとメタボリックシンドロームです!
1つ該当するとメタボリックシンドローム予備群です!

※特定健診の空腹時血糖の基準値は100mg/dl であり、メタボリックシンドロームの基準とは異なります。

健診は、生活習慣を振り返る絶好の機会です。お受けいただいた健診結果及び問診票をもとに、皆様おひとりおひとりに応じた健康プランをご提案致します。尚、生活習慣改善のお手伝いをさせていただく担当スタッフは、「人間ドック学会認定人間ドック・健診情報管理指導士(人間ドックアドバイザー)」となっております。何か気になること等ございましたらお気軽にお尋ね下さい。

内容についてのお問い合わせは

医療法人 樫本会 樫本病院 健康管理課まで
TEL:072-366-1818(代表)

喫煙しているかたへ

タバコは「ガン」の発症率を高めるだけではなく、「動脈硬化」の危険性も高めます。また、メタボリックシンドロームの要因ともなります。

ニコチン依存は病気です

タバコが健康に悪いのはわかっているし、家族からも禁煙を勧められている、吸える場所も年々減っていき肩身が狭い……それなのに、禁煙できないのはなぜでしょう?
現在では、やめられない喫煙の実態はニコチン依存症であることがわかっています。
血液中のニコチン濃度が高くなると血圧が高くなり、心拍数が増え、心臓や血管に負担をかけます。

ニコチン依存度チェック

5分未満
重症のニコチン依存の可能性があり、ニコチンガムやニコチンパッチが必要な場合があります。

5分以上
ニコチン依存はそれほど強くなさそうです。
今ならやめられるかもしれません。

禁煙にチャレンジしましょう

禁煙にチャレンジ

※当院禁煙外来診療時間については、診療科のご案内をご覧ください。

PAGE TOP